参考サイト

http://www.naney.org/comp/cvs/faq/index.html

注意点

CVSの更新日時はGMTとなっているため時刻指定の時は要注意。date -uで現在時刻のGMT表示ができる。日本時間の9時間遅れ

用語説明

リポジトリ貯蔵庫の意味。ここのディレクトリをバックアップせよ
チェックアウトCVSのプロジェクトをローカルに持ってくる。各ディレクトリにCVSディレクトリができる
コミットローカルの変更をCVSに反映する
タグ付けある時点のソース一式を取り出せるように印をつける

利用法

UNIX系でのオペレーション

  1. リポジトリ作成
  2. クライアント側設定
  3. モジュールのインポート
  4. モジュールチェックアウト
  5. モジュール編集
  6. モジュールコミット

基本的に設定作業が終われば後は編集とコミットの繰り返しである。以下その手順について詳しく触れる

リポジトリ作成

初期化
cvs -d /var/samba/public/cvs/ init

クライアント側設定

上記CVSROOTを環境変数に設定する
export CVSROOT=/var/samba/public/cvs

モジュールのインポート

cd インポートしたいファイルのディレクトリ
cvs import -m "init" プロジェクト名 ベンダータグ リリースタグ

ベンダータグもリリースタグもあまり意味のあるものではない(けど省略はできない)なのでmycompany startとでもしておこう。

コマンド一覧

モジュールのインポート
cvs import -m "init" phptool tfcorp start
SSH経由で使用
export CVS_RSH=ssh 
export CVSROOT=:ext:user@hostname:/home/cvs
更新履歴を見る
cvs history -ea
最新を取得
cvs up -dP
エクスポート (CVS管理ディレクトリを含まない)
cvs export -D "tomorrow" モジュール名
最新のリビジョンを消す
cvs admin -o バージョン番号 ファイル名
タグの状態も含め詳細を見る
cvs status -v ファイル名
タグ付け&タグ消し
cvs tag タグ名 ファイルまたはフォルダ
cvs tag -d タグ名 ファイルまたはフォルダ

CVSweb

インストール
Vineならapt-get install cvsweb
/etc/httpd/cvsweb.confの
%CVSROOT = (
           'linux' => '/var/samba/public/cvs'
           );
でもエラー・・・・・
Counter: 9306, today: 3, yesterday: 2

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-14 (金) 13:16:53