ついに無料化バージョンが登場した。米国のOTNからダウンロード可能

Install

clientのみのインストールもできるはず。たいていの用途はクライアントなのでむしろそっちがメインだと思われる。後で調べる

条件

  • libaioが必須らしい(RPMで提供されていないディストリビューションは面倒)
  • メモリ256Mでもインストールできた、swapは1G以上必要(ないとインストーラーに蹴られる)

インストール時のトラブルシューティング

swapが足りないといわれた

再インストールしてください。というのはあまりにも無碍なのでインストーラーが動く間だけ一時的にswapを増やすことでしのぐ。下記は512M増やす例。countの値が1024*増やしたいMBなので必要に応じて変更せよ。

cat /proc/meminfo
mkdir /swap
dd if=/dev/zero of=/swap/swap0 bs=1024 count=524288
chmod -v /swap/swap0
chmod -v 600 /swap/swap0
mkswap /swap/swap0 524288
swapon /swap/swap0
cat /proc/meminfo | grep Swap

各ディストリビューションごとのInstallと設定

  • Oracle Express Editionに関してインストールが一番楽なのはなんといってもDebian系!コマンド一行でインストール終了

VineLinux3.2

  • なんとVineでもインストールしてみた。libaioのRPMが必要なのにapt-getではインストールできなかったので、他のディストリビューションのSRPMを再構築する。
apt-get install gcc
apt-get install wget
apt-get install rpm-build
  • libaioの構築
rpmbuild --rebuild libaio-0.3.96-3.src.rpm
cd /usr/src/vine/RPMS/i386に出来た2つのRPMをインストールする
追記:apt-cache search aioで出てきた。これってローカルのキャッシュを見てるのだろうか?
  • /etc/sysctl.conf
kernel.sysrq = 1
  • Oracle XEのインストールは他のと変わるところはない

VineLinux4.1

  1. libaioのインストール
  2. Oracle10g ExpressEditionのインストール
  3. configureの実行(とても時間がかかった)

libaioは公式には見つからなかったのでCentOS4のものをいただいた。以下のサイトから取得した

http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/4/os/i386/CentOS/RPMS/libaio-0.3.105-2.i386.rpm

CentOS4.3

  • サーバーCDから最小構成でインストール。SELinuxOffにしておいた

ライブラリインストール&RPMインストール

yum install libaio.i386
rpm -Uvh oracle-xe-10.2.0.1-1.0.i386.rpm

インストールは至極簡単!しかし設定に5分ぐらいかかった。VMwareだから?後日実機でもためしたがStarting Oracle Net Listener...で5分ぐらい固まる。 あとブラウザのメニューが英語なんですが、ロケールの設定だろうか?

CentOS5.2

  • 最小構成でネットワークインストールした環境。SELinuxOffにしておいた

ライブラリインストール&RPMインストール

yum install libaio.i386
yum install bc
rpm -Uvh oracle-xe-10.2.0.1-1.0.i386.rpm

インストールは至極簡単!データベースの作成に2分ぐらいかかったかな。やはりブラウザのメニューが英語なんです。jaと認識されているのに!

Fedora7

  • こちらはデスクトップ構成でインストールしたものを土台にした。依存するものはlibaioだけなので以下の手順でさくっと終了。
yum install libaio.i386
rpm -Uvh oracle-xe-10.2.0.1-1.0.i386.rpm

管理ツールも日本語でみえて問題なし。

Debian3.1&4.0

debianはOTNからダウンロードせずとも、apt-getでinstall可能。

  • aptの編集
vi /etc/apt/sources.list
deb http://oss.oracle.com/debian/ unstable main non-free
deb-src http://oss.oracle.com/debian/ unstable main
  • インストール実行(400Mほどなので時間がかかる)
apt-get update
apt-get install oracle-xe-universal

インストール後の設定

  • インストール後SYS/SYSTEMのパスワードや管理画面の設定。ほとんどデフォルトで自動起動を有効にしておくとよい
/etc/init.d/oracle-xe configure
  • ブラウザによるアクセス(メニューも日本語化されている)
http://192.168.1.7:8080/apex

環境変数の設定

su - oracle
cp -i /usr/lib/oracle/xe/app/oracle/product/10.2.0/server/bin/oracle_env.sh .bash_profile

SQLPlus

  • 上記oracleユーザーで環境変数の設定がされてることが前提
sqlplus / as sysdba

ブラウザからの管理ツールを外部から使用可能にする

  • 初期状態ではlocalhost以外の接続を受け付けない。
sqlplus system/[email protected]
EXEC DBMS_XDB.SETLISTENERLOCALACCESS(FALSE);
Counter: 18586, today: 4, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-12 (月) 15:33:57