近頃のLinuxでUSBメモリの対応状況はいかがなものか調べてみた。USBメモリとして使えるMP3プレーヤーと携帯電話のUSBケーブル接続でチェック

UbuntuLinux

7.0.4デスクトップ版

なんと差し込むと自動認識してオートマウント。Windowsと変わらない使い勝手さすが赤丸急上昇中のUbuntuLinuxだ。さらにデジカメのフォルダがあると自動でアルバム連携が上がってくる。はずす前に「取り出し」するのを忘れずに。

Fedora7 LiveCD版

こちらもUbuntuに負けじと自動認識OK。さすがFedora

KNOPPIX5.1.1

これも自動認識。自動認識しないのはもはや少数か?!

Vine4.1デスクトップ版

Ubuntuがあまりにあっさり自動認識したので期待しすぎたが、こちらはUSBポートに挿しただけでは使えない。

LinuxでUSBメモリ手動マウントの手順

自動でいけば楽なんだけどそうじゃないディストリビューションのほうが多いでしょう。

デバイスの認識の確認

dmeg もしくは /var/log/messageで確認する

マウントポイントの作成

mkdir /mnt/usbfm

マウントする

USBメモリはscsiデバイスとして認識される

mount -t vfat /dev/sda1 /mnt/usbfm/

使用後取り外しのためアンマウントする

umount /mnt/usbfm/
Counter: 15217, today: 1, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-12 (月) 15:33:57