• 初歩レベル情報

SQL基本

用語名解説備考
SQLの分類データ検索、DML、DDL、トランザクション制御の4種類
NULLの計算NULLを演算につかうと結果はNULL。0として扱いたい場合はNVL関数を使う
論理演算子の優先順位NOT > AND > OR
LIKE%はいいとして、_は任意の一文字とマッチする条件
BETWEENとNOT BETWEENBETWEENは以上、以下だが、NOT BETWEENは境界の数字を含まない
NVLNVL(Col1,100) だとcol1がnullの時100を返すNull Valueの略か?
NVL2NVL2(Col1,100,200) だとcol1がnullの時200を返す。NVLと違うので注意Null Valueの略か?
trunctrunc(Col1,2) だと小数点第二位まで、マイナスを入れるとその桁まで0埋めする

単一行関数

  • 各行に対して、単一の結果行を返す

分類だけ覚えよう

  • 数値関数
  • 文字関数
  • 日付関数
  • 変換関数
  • 一般関数
  • その他関数

単一行関数

LENGTHとLENGTHBバイト数でカウントしたい場合はLENGTHBを使う

グループ関数

  • グループ行に対して、単一の結果行を返す

DBA編の用語集

用語名解説備考
OFA異なるバージョンのOracleをインストールする場合に備えてOFAに沿ったディレクトリを推奨ORACLE_BASEはOFAのベースディレクトリ
ロールバックセグメントコミットされていない処理の領域
UPDATE FOR NOWAITロック待ちをせずにORA-00054エラーを返す
システム権限テーブルやユーザの作成などの権限
オブジェクト権限テーブル操作権限
ロール権限をまとめたもの
プロファイルパスワードの複雑さや、リソースの制限ができる。デフォルトではなにも設定されてない
Oracleの物理構造データファイル、REDOログファイル、制御ファイル
Oracleの論理構造表領域、セグメント、エクステント、データブロック
Oracleデータベース上の物理・論理構造をまとめて呼ぶとOracleデータベース。もうひとつの構成要素はOracleインスタンス
SGAすべてのユーザの共有メモリ領域。データベースバッファキャッシュ共有プールなど

バックアップ&リカバリ

用語名解説備考
フラッシュバック特定時点に戻す。後ろにはデータベースやテーブルがつく。フラッシュバックテーブルなら特定時点の表。フラッシュバックドロップは削除表の復活
リカバリの種類インスタンス、クラッシュ、メディアそれぞれの特徴は?
バックアップの種類一貫性、非一貫性、全体、増分一貫性はコールドバックアップのこと。
増分バックアップの種類差分増分、累積増分、増分更新
イメージコピーとバックアップセット単体と複数セットの違い

簡単なテーブル作成などを通じてOracleに慣れる

簡単なテーブル作成(都道府県マスタ)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-12 (月) 15:33:57