FreeBSD

インストール

全部英語であるが、基本的にCD一枚で終わるのでさくさく。
事前にパーティションは作らないでおいて、空き領域に作成する。
ブートマネージャーは入れなくてもSystemSelectorなら認識してくれたはず!!
インストールの設定で必須なのはRootPassword,Console,Networkぐらい

インストール後の設定

sendmail止める
vi /etc/rc.conf
sendmail_enable="NONE"

Portsでインストールしたもの

基本はmakeしてから、make install
削除はmake deinstall
それでもパッケージは残るので pkg_infoで見てpkg_deleteする
mod_php
/usr/ports/www/mod_php4
postgresqlサポートonにすると7.3.4がインストールされます。
勝手にhttpd.confに加えてくれます。
下記は追加せんとだめ
AddType application/x-httpd-php .php
pear
/usr/ports/devel/pear
su - pgsql
cd /usr/local/pgsql
mkdir data
initdb
createuser postgres
createdb -E EUC_JP hellodb
psql -e hellodb < /var/tmp/db.out
su -
/usr/local/etc/rc.d/010.pgsql.sh

NFS

vi /etc/rc.conf
nfs_server_enable="YES"
nfs_server_flags="-u -t -n 4"
rpc_statd_enable="YES"
rpc_lockd_enable="YES"

vi /etc/exports

自動起動

FreeBSDでは、起動時に/usr/local/etc/rc.d配下のシェルを動作させるので
そこに起動スクリプトをおいておくがいい

はまりポイント

キーマップの設定を誤っていたためviが終了できず!
ユーザーの追加(wheelグループに属させる)
sysinstall	configure	userManagement
/etc/passwdの編集はBSDでは/etc/passwd変更してもだめ!
vipwで変更する。
/etc/rc.confにホストネームやデフォルトゲートウェイの設定
Counter: 5508, today: 1, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-14 (金) 13:16:53