http://blogs.yahoo.co.jp/cotsplace/11261750.html

インストール

Windows上からパーティションをきらずにインストール可能。

HDDインストール

間違いなくWindowsのブートローダーを消してくれる。Grub4DosConfigを立ち上げる

インストール(CDブート)実績一覧

  1. X61M
  2. R40e(無線認識できずっぽい)
  3. R50(ipw2200)
  4. CF-R3(ipw2200)

対応無線LAN

  1. ipw2200
  2. WLI-UC-GN(RT3070)

パッケージアップデート

PET形式かSFS形式がpuppy独自のパッケージ形式。ubuntuのパッケージも使えるらしい。 Synapticそっくりなpetマネージャというもので管理する。

  1. パッケージの更新を選択。
  2. 複数のリポジトリを更新するが、いちいちキー入力が必要で30分ぐらいかかる(有線LAN推奨)
  3. その後Firefoxをいれたが、言語パックのみインストールしてハマったのでまずは本体をいれること!

SFSとは

ファイルシステムを読み取り専用でイメージ化したもの。マウントして中身を確認できる。Frugally(質素)インストールではSFSと併用で、Fullインストールでは展開されたものがコピーされるとのこと。

操作

SMB共有

  1. メニューから「ネットワーク」→「Pnethood Samba共有」で起動。自動で見つからないことが多い。
  2. 見つからない場合は端末で以下のコマンド実施
# pnethood IPアドレスまたはホスト名

動画

ちょっと赤っぽいバランスだがmkvもm4vも見れる。mkvはコマ落ちする。字幕は選択しなおさないと出てこない。

必要なもの

FireFox (flash)

  1. パッケージを更新する。
  2. Firefox31を入れる
  3. Flashはメニューのインターネットからget Flashでいれた

Libre Office

メニューからインストールするだけだが、ダウンロードに時間がかかるのとSFSに統合するので時間がかかるとか警告が出る。

TIPS

ブートローダーのファイルの場所/mnt/sda1/menu.lst

トラブルシューティング

WPA2のテザリングに対応してないのかつながらなかった。

Counter: 3358, today: 1, yesterday: 2

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-14 (金) 13:16:53