設定(velocity.properties)

キャッシュ

XXX.resource.loader.cache=true

1.4インストール

久々につかったみたのでメモしてみる。StrutsとVelocityの連携

  1. velocity-1.4.jarをlibに配備
  2. velocity-tools1.2.jarをlibに配備
  3. commons-collectionをlibに配備
  4. web.xmlの設定(後述)
  5. velocity.propertiesの配備

Velocity

CVSから入手 cvs -d !:pserver:[email protected]:/home/cvspublic checkout jakarta-velocity-tools

antする。

出来上がったvelstruts.warを展開して後はご自由に!

/velstruts/examples/struts_app1/*.vmがあります。

Strutsとの連携

libディレクトリにvelocityと名の付くjarを置く

web.xmlをvmにマッピング

tools.xmlとvelocity.propertiesをコピー

再起動

マクロの作成

よく使うマクロはvelocity.propertiesにて事前読み込みをしておく。これらを変更した時ににはtomcat再起動が必要です。

他のテンプレートエンジンとの比較記事など

http://doikun.cocolog-nifty.com/dowilog/2004/09/velocity_freema.html

Counter: 8130, today: 1, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-14 (金) 13:16:52