実行環境

結構メモリを使うのでLinuxの1GB程度のマシンだと厳しい。DBもインメモリのH2を利用。

インストール

Windows

  1. grails3のzipアーカイブダウンロード&解凍
  2. JAVA_HOMEの設定とgrails\binにパスを通す
  3. grails create-app アプリケーション名
  4. cd アプリケーション名
  5. grails でコンソールに入る(jarダウンロードで小一時間!)

ディレクトリ構成

root
  grails-app

構成要素

  1. Controller
  2. Service(Logic層)
  3. Domain Class(ORマッピング)
  4. View(GSP)

各モジュール等の作成

アプリケーションの作成

コントローラーの作成

ドメインクラスの作成

ドメインクラスを作成すると、テスト環境ではH2データベースにテーブルが作成される!

Scaffold

  1. ドメインクラスを作成
  2. Scafffoldを作成
grails> create-domain-class  book
| Created grails-app/domain/sample/Book.groovy
| Created src/test/groovy/sample/BookSpec.groov
grails> generate-all sample.Book
| Rendered template Spec.groovy to destination src\test\groovy\sample\BookControllerSpec.groovy
| Rendered template edit.gsp to destination grails-app\views\book\edit.gsp
| Rendered template create.gsp to destination grails-app\views\book\create.gsp
| Rendered template index.gsp to destination grails-app\views\book\index.gsp
| Rendered template show.gsp to destination grails-app\views\book\show.gsp
| Scaffolding completed for grails-app\domain\sample\Book.groovy

Database

ORM GORM

http://grails.jp/doc/2.3.x/guide/GORM.html

ローカルH2

開発用DB(シャットダウン時にきれいに消える)jdbc:h2:mem:devDb

MySQL/PostgresSQLなど他のDBを使う

runtime 'mysql:mysql-connector-java:5.1.36'
runtime 'org.postgresql:postgresql:9.4-1201-jdbc41'
dataSource:
    pooled: true
    jmxExport: true
    driverClassName: com.mysql.jdbc.Driver or org.postgresql.Driver
    username: sa
    password:
environments:
    development:
        dataSource:
            dbCreate: create-drop
            url: jdbc:mysql://localhost/testdb or jdbc:postgresql://localhost/testdb
Counter: 2521, today: 1, yesterday: 2

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-14 (金) 13:16:53