同時接続制限はあるものの開発用途で一年間有効

Install

dev2devというサイトからダウンロードできる。

8.1J

./platform814_ja_linux32.bin -mode=console

7.0J

  1. zipを解凍して適当な場所へ移動。BEA_HOME/sdk以下が推奨されている
java -jar /var/tmp/ja_pj_platform706_generic.jar -mode=console

6.1J

起動と終了

7.0&8.1J

BEA_HOME/wlバージョン/server/bin/startWLS.sh

開発モードとプロダクションモード

-Dweblogic.ProductionModeEnabled=true or false

オートデプロイ

開発モードで起動していること。

デフォルトコンテキスト

http://edocs.beasys.co.jp/e-docs/wls/docs81/webapp/weblogic_xml.html#1040721

8.1J

管理ツール

http://localhost:7001/console/

ほかサーバーとの連携

Apahce

$BEA_HOME/weblogic81/server/lib/linux/i686/mod_wl_20.so
LoadModule weblogic_module modules/mod_wl_20.so
<Location /app>
       SetHandler weblogic-handler
       WebLogicHost ウェブロジックのIP
       WebLogicPort ウェブロジックのポート
       PathTrim /app
       Debug On
</Location>

WebLogicのJNDIサービスを別サーバーから利用する。

		Hashtable ht = new Hashtable();
       ht.put(Context.INITIAL_CONTEXT_FACTORY,"weblogic.jndi.WLInitialContextFactory");
       ht.put(Context.PROVIDER_URL,"t3://172.16.19.73:7001");
       InitialContext ic = new InitialContext(ht);

パスワード忘れ

Counter: 10011, today: 1, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-14 (金) 13:16:53