RedHat系の最先端実験ディストリビューション。バージョンアップが早いので最新技術を試したい時にはいいのだが、長期間安定稼動が求められるサーバー用途にはCentOSをお勧めしておく。

インストール

Fedora7

通常インストールと1CDLinuxとなるLiveCD版がある。今回は久々にHDDに最小構成でインストールした。テキストインストールモードだと日本語が表示されない上、パーティションの構成で全部削除をデフォルトの選択肢としている恐ろしいインストーラー。

FedoraCore4

40分ほどでインストール成功。i815でサウンドもビデオも自動認識

インストール後設定

テキストログイン(ランレベルの変更)

vi /etc/inittab
id:5:initdefault:

文字化け対策

デフォルトのまま使いたい場合はUTF-8にする必要がある。
puttyなら設定の変更→変換でUTF-8を選ぶ
EUCにする
vi /etc/sysconfig/i18n
LANG="ja_JP.eucJP"
SUPPORTED="ja_JP.eucJP:ja_JP:ja"
vi /etc/man.config
PAGER=/usr/bin/lv

/etc/yum.conf

[base]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - Base
baseurl=ftp://ftp.riken.go.jp/pub/Linux/fedora/core/$releasever/$basearch/os
ftp://ftp.kddlabs.co.jp/Linux/packages/fedora/core/$releasever/$basearch/os
gpgcheck=1
[updates-released]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - Released Updates
baseurl=ftp://ftp.riken.go.jp/pub/Linux/fedora/core/updates/$releasever/$basearch
ftp://ftp.kddlabs.co.jp/Linux/packages/fedora/core/updates/$releasever/$basearch
gpgcheck=1
yum update

aptのrpmインストール

http://apt.freshrpms.net/
残念ながらaptは安定性がいまいち
ガンガンapt
apt-get update
apt-get install w3m
apt-get install php

RedHat Enterprise Linuxとの対応表

カーネル,gcc,glibcが一致しているバージョンをほぼ同じとみなした。

RHEL3RedHat9
RHEL4FedoraCore3
RHEL5FedoraCore6
Counter: 9110, today: 1, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-14 (金) 13:16:52