• 仮想HDD(VHD)から起動可能な技術

物理マシンからVHDを作る

Windows 7の標準バックアップ・ツール[バックアップと復元]を利用して[バックアップ]や[システム イメージの作成]を行うとVHDファイルでバックアップ・イメージが作成される。

マウント

ディスクの管理からVHDファイルをマウントすると普通のHDDと同じように利用できる。

ブートローダーに追加する

VirtualPCやHyper-Vで作成したVHDをBCDEditで追加する。仮想環境のハードウェアでインストールされているのでドライバーの入れ替えは必要。物理マシンのVHDであればたぶんドライバーはそのままでOK

インストール時にVHDを作成して、インストールする

diskpartコマンドを利用して

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1004/22/news101_3.html

制約

起動可能なOSがWindows7,2008R2のみ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-12 (月) 15:33:57